鋼種名から探す

HMD5(火炎焼入鋼)

HMD5はバーナ焼入れしやすく、均一に高い硬さが得られ、被削性に優れた金型材料です。
また、靭性が高く溶接補修もしやすい特長を持っています。
(※HMD1は生産を終了しました。)

特長 ・焼入れ温度範囲が広い。
 バーナによる加熱でも硬さむらがでにくく、安定したフレームハードが可能。
・焼入冷却は、空冷のままで良い。
 焼入れ性が大きく、バーナで加熱後、そのまま空冷で十分に焼きが入ります。
・焼入れ歪みが小さい。
 自動車用金型では、フレームハード面無修正で使用可能です。
・靱性に優れる。
 靱性に優れ、使用中のチッピングや割れの恐れが少ない。
・耐摩耗性が良好。
 HMD5はSKS3と同等の耐摩耗性を有しております。
・被削性が良好。
 HMD5はSK120と同等の被削性を有しております。
・肉盛補修が容易。
 フレームハード後、肉盛りしても、割れる心配が少ない。
用途 ・プランク型
・トリム型
・抜型
・曲げ型
・絞り型
・その他の冷間成型用金型
フレームハードニング加熱温度 940~1,100℃

総焼入の場合の熱処理条件

  焼入れ 焼戻し
HMD5 850℃〜900℃ 油冷 150℃〜200℃

※カタログ、HPに記載の事項は予告なく、変更することがございます。

  • お客様のお悩みにお応えします 総合案内:総務部TEL:03-5541-8201お問い合わせフォーム製品・技術に関して:技術サービス部 お問い合わせフォーム
  • 製品カタログ

金型材料・製品